大きく3つのタイプに分類可能!結婚相談所の種類について

  • 2016年12月23日
  • admin

情報提供型の結婚相談所って?

誰もが一度は聞いたことがある大手結婚相談所の多くは、情報提供型に属しています。入会の際に自分の年収や職業及び年齢などの情報と希望する相手の条件を登録して検索。マッチングが成功したら、お互い了承の上でお付き合いスタートという流れが基本です。会員数が非常の多いため、比較的簡単に相手を見つけられることが利点ですが、入会金は2年間で40万円近くに及びます。情報量においては他の結婚相談所が太刀打ち出来ないほど有利ですが、交際がスタートしたあと結婚に至れるかどうかは本人の努力次第なんですよ。ですから、結婚はしたいけれど異性とどう付き合っていけば良いのか分からないという消極的な人には向いていないかも知れません。

内気な人に向いている仲人タイプの結婚相談所

交際経験が乏しい、もしくは全くない内気な人に向いているのが仲人タイプの結婚相談所です。このタイプの結婚相談所は、成約料が高く設定されていることが特徴。つまり結婚が成立しなければ業者としても困るので、積極的に交際を手助けしてくれるんです。男女ともに厳しく身分を照会されるので、安心してお見合い出来ることがこのタイプのメリット。後になってから相手が独身ではなかったり職業を偽っていたといったトラブルに見舞われる可能性は殆どないでしょう。社員さんが積極的に間に入ってくれるのは有り難いことですが、途中で相性が悪いなと思っても断りづらいところが減点ポイントかも。

お手軽なインターネットタイプって?

他の2タイプに比べて、圧倒的にお手軽なのがインターネットタイプの結婚相談所です。入会金は男性でも最大1万円程度。女性なら無料という業者も多いんですよ。自分が希望する条件で検索し、ヒットした異性にメールで交際を申し込むだけ。メールのやり取りでお互いのことが気になったら、実際に出会ってみる流れになります。お手軽な反面、会員の身分証明に関しては若干不安が。なにかあってもサイト運営業者に責任は問えませんから、初対面時はそれなりの防衛策をとっておくといいです。たとえば最初は人通りが多いところで会ってみるとか、お互い同伴者つきという条件にしたりすると安心ですよ。

関西地区で結婚相談所なら大阪で探すのがおすすめです。仲人さんが親身になってお見合いや結婚の相談を請け負ってくれます。

Comments are closed.